米地裁、トヨタの却下請求退ける最終判断下す-車両急加速の訴えで

【記者:Margaret Cronin Fisk、Bill Callahan】

12月10日(ブルームバーグ):米カリフォルニア州の連邦地裁判事 は、トヨタ自動車車両の意図しない急加速が死傷事故の原因になった とする訴えを取り上げないよう求めていたトヨタの申請を退けるとの 仮決定を正式に認める最終判断を下した。

同州サンタアナの連邦地裁のジェームズ・セルナ判事は10日、同 地裁のウェブサイトに掲載した決定で、原告の弁護団は訴訟を進める 上での十分な証拠を提示したと説明した。同判事はこれまでも、急加 速に関連して経済的損失を被ったとする集団訴訟の訴えを却下するよ う主張していたトヨタの請求を退けている。

トヨタの広報担当セレステ・ミグリオーレ氏は10日電子メールで 配布した発表文で、「セルナ判事の最終決定を精査しているところで、 精査が終了した時点でコメントする」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE