NY外為(10日):ユーロ下落、独仏が欧州基金拡大に反対

ニューヨーク外国為替市場で は、ユーロが主要通貨の大半に対して下落。独仏首脳が欧州救済基 金の規模拡大案に反対を表明したのが嫌気された。来週には欧州連 合(EU)首脳会合(サミット)が開催される。

ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領は10日会 談し、ユーロ圏共同債構想を否定し、ユーロ圏の救済を目的に設立 された4400億ユーロ規模の救済基金の拡大に反対を表明した。ド ルはユーロと円に対して上昇。10月の米貿易赤字の縮小が好感さ れた。オーストラリア・ドルは週間ベースでドルに対して下落した。 中国が金融政策を引き締めるとの観測が背景。

ゲイン・キャピタルのシニア通貨ストラテジスト、エリック・ バイロリア氏は、「来週のユーロに対するバイアスは依然として下 落方向だ」と述べた。

週間ベースでのユーロはドルに対して1.4%安。ニューヨーク 時間午後5時3分現在、ユーロは対ドルで前日比0.2%安の1ユー ロ=1.3239 ドル。前日は一時1.3165ドルと、12月2日以来の 安値を付ける場面もあった。ユーロは対円ではほぼ変わらずの1ユ ーロ=110円98銭。ドルは円に対して0.3%高の1ドル=83 円 76銭。

独仏首脳会談

サルコジ大統領と会談したメルケル首相はユーロ圏には「構造 的な脆弱(ぜいじゃく)性」があると指摘した。EUサミットは 16-17日に開催される。

独仏首脳は、ユーロ存続は「交渉の余地がない」と述べた。ま たメルケル首相は「ユーロが失敗すれば、欧州が機能しなくなる」 と語った。

先進10カ国の通貨で構成するブルームバーグ相関加重通貨指 数によると、ドルは年初から1.1%下落。ユーロは9.5%安、一方、 円は10.8%上昇となっている。

米貿易赤字

10月の米貿易赤字は予想以上に縮小した。ドルの下落や米国 以外での経済成長が輸出を2年ぶりの高水準へと押し上げたのが 影響した。

米商務省が発表した10月の貿易収支統計によると、財とサー ビスを合わせた貿易収支(国際収支ベース、季節調整済み)は387 億ドルの赤字と、前月から13%赤字幅が縮小した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は438億ドル の赤字だった。

12月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) は74.2と、6月以来の高水準となった。

シティグループの通貨ストラテジスト、グレッグ・アンダーソ ン氏は、「これが続けば米国の景気にとっても、ドルにとっても非 常に明るいニュースだ」と述べ、「米利回りが今週のような水準で 推移したら、ドルは上昇するだろう」と続けた。

オーストラリア・ドル

オーストラリア・ドルは週間ベースでドルに対して下落した。 11日に発表される中国消費者物価指数が、金融引き締めを後押し する結果になるとの懸念が売り材料だった。

中国人民銀行(中央銀行)は、市中銀行の預金準備率の引き上 げを決めた。12月20日から50ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)引き上げる。人民銀がウェブサイトに声明を掲載した。

11月の中国の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で4.7% 上昇が見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE