12月10日の欧州マーケットサマリー:株は続伸、スペイン債続落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3230 1.3239 ドル/円 83.92 83.76 ユーロ/円   111.02 110.87

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 276.19 +.26 +.1% 英FT100  5,812.95 +4.99 +.1% 独DAX 7,006.17 +42.01 +.6% 仏CAC40 3,857.35 -.70 -.0%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.08% +.06 独国債10年物 2.95% +.01 英国債10年物 3.52% +.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,375.25 -16.00 -1.16% 原油 北海ブレント    90.24 -.75 -.82%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は5日続伸し、2年ぶり高値を付けた。企業がソブリ ン債危機の影響を克服できるとの期待が高まったほか、12月の米消費 者信頼感が予想以上に改善したことが背景にある。

オランダのカーナビゲーション機器メーカー、トムトムは7.3%上 昇。UBSが同銘柄の投資判断を上方修正したことが好感された。ドイ ツのバイオテクノロジー企業、モルフォシスは10%の大幅高。売上高 見通しの引き上げが買いを誘った。

一方、英スタンダードチャータード銀行は2.6%下落。バンク・オ ブ・アメリカ(BOA)メリルリンチが投資判断を引き下げたことが嫌 気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の276.19と、2008年 9月以来の高値で引けた。前週末比では1.9%上げ、10月以来の2週 続伸となった。業績改善に加え、米連邦準備制度理事会(FRB)が景 気刺激策として6000億ドル相当の国債買い入れの方針を示したことや、 欧州連合(EU)によるギリシャとアイルランドの救済を背景に、同指 数は年初来では8.8%上げている。

ロンドン・キャピタル・グループ・ホールディングスのトレーダー、 ジョナサン・スダリア氏は、「欧州の債務懸念は大げさに扱われた。周 辺国に関する懸念はまだ存在するものの、ドイツなど欧州の大国の経済 が改善しつつあるトレンドに影響を及ぼすには至っていない」と語った。

ブルームバーグがまとめた金融機関13社のストラテジスト予想 によると、欧州株は来年末までに12%上昇し、今年を上回る株高とな る見通し。13社中最も強気だったゴールドマン・サックス・グループ は、ストックス欧州600指数が20%上昇すると予想。企業の増益率に ついて、アナリスト約2万6000人の予想平均(14%)の2倍に達する 可能性があるとの見方を示した。

この日発表された12月のロイター・ミシガン大学消費者マインド 指数(速報値)は74.2(前月71.6)と、6月以降の高水準となった。 エコノミスト予想中央値は72.5だった。

◎欧州債券市場

欧州債市場では、スペイン国債相場が5日続落。欧州連合(EU) の各国首脳がソブリン債危機緩和に向けた追加資金をめぐり対立して いるほか、スペインが来週実施する国債入札で借り入れコストが上昇す るとの観測が背景にある。

スペイン10年債のドイツ国債に対するプレミアム(上乗せ利回り) が拡大した。危機感染が域内全体の銀行に影響を及ぼすとの懸念から、 ポルトガル国債も下げた。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバ ー、オーストリア中銀のノボトニー総裁はこの日、緊急事態対応で導入 された非伝統的措置は経済状況の改善に伴い解除される必要があると 語った。ドイツ国債は週間ベースで下落した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は、「スペインが多くの国債入 札を来週実施する。これで投資家は若干慎重になったようだ」と発言。 「とりわけ地域銀行などの銀行問題に取り組む行動を待っている」とも 語った。

ロンドン時間午後5時25分現在、スペイン10年債利回りは前日 比13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.44%。前 週末3日は5.08%だった。同国債(表面利率4.85%、2020年10月 償還)価格は0.925ポイント下げ95.59。ドイツ10年債に対するプ レミアムは224bpと、1週間余りの最大に拡大した。スペイン政府は 16日に満期2020年と25年の国債を発行する。

ポルトガル10年債利回りは20bp上昇し6.49%、アイルランド 10年債利回りは11bp上げ8.29%となった。

ドイツ10年債利回りは前日比2bp上昇の2.96bp。1週間前 は2.86%だった。

◎英国債市場

英国債相場は下落。10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上昇し3.52%となった。前日は3.58%まで上 げ、6月15日以来の高水準を付けた。

2年債利回りは1.10%と、前日の1.06%を上回った。前週末3 日は1.02%だった。オバマ米大統領が6日に減税措置の2年延長で合 意したことを背景に米国債が軟調となり、今週の英国債はつれ安となっ た。英国株式の指標、FT100種指数が今週1%余り上げたことも国債 の需要減少につながった。

エボリューション・セキュリティーズ(ロンドン)のアナリスト、 エリザベス・アフセス氏は「市場はわずかながら一段と落ち着いたよう だ。このため、比較的安全とされる国の債券に対する需要が後退した」 と解説した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE