欧州債(10日):スペイン債が5日続落-EU危機対策めぐり対立

欧州債市場では、スペイン国債相 場が5日続落。欧州連合(EU)の各国首脳がソブリン債危機緩和に向 けた追加資金をめぐり対立しているほか、スペインが来週実施する国債 入札で借り入れコストが上昇するとの観測が背景にある。

スペイン10年債のドイツ国債に対するプレミアム(上乗せ利回り) が拡大した。危機感染が域内全体の銀行に影響を及ぼすとの懸念から、 ポルトガル国債も下げた。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバ ー、オーストリア中銀のノボトニー総裁はこの日、緊急事態対応で導入 された非伝統的措置は経済状況の改善に伴い解除される必要があると 語った。ドイツ国債は週間ベースで下落した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は、「スペインが多くの国債入 札を来週実施する。これで投資家は若干慎重になったようだ」と発言。 「とりわけ地域銀行などの銀行問題に取り組む行動を待っている」とも 語った。

ロンドン時間午後5時25分現在、スペイン10年債利回りは前日 比13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.44%。前 週末3日は5.08%だった。同国債(表面利率4.85%、2020年10月 償還)価格は0.925ポイント下げ95.59。ドイツ10年債に対するプ レミアムは224bpと、1週間余りの最大に拡大した。スペイン政府は 16日に満期2020年と25年の国債を発行する。

ポルトガル10年債利回りは20bp上昇し6.49%、アイルランド 10年債利回りは11bp上げ8.29%となった。

ドイツ10年債利回りは前日比2bp上昇の2.96bp。1週間前 は2.86%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE