ノーベル平和賞受賞者の拘束、中国の弱さ示す-ヤーグラン委員長

ノーベル賞委員会のヤーグラン 委員長は、中国政府がノーベル平和賞受賞者の反体制活動家、劉暁 波氏を拘束していることについて、中国の政治システムの脆弱(ぜ いじゃく)さを示しているとの見解を示した。同委員長は10日、オ スロでの受賞式で述べた。

ヤーグラン委員長は「単に中国の統治方法に関する意見を述べただ けで、1人の男性を11年間も拘束せざるを得ないところに中国の弱さ が表れているのではないか。多くの人がそう問いかけるだろう」と語っ た。

劉暁波氏は10月8日、「中国での基本的人権を求めて、長年にわた り非暴力的な活動を進めたこと」が評価され、ノーベル平和賞を受賞。

受賞式には劉暁波氏も同氏の妻、および親戚も出席できなかたため、 メダルの受取人が不在となった。ヤーグラン委員長は「この事実だけで 判断しても受賞は必要不可欠で適切であることを示している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE