インド株(終了):4日ぶり上昇、鉱工業生産増加で-週ベースは下落

インド株式相場は4日ぶりに 上昇。インドの鉱工業生産がエコノミスト予想を上回る伸びとなっ たことを受け、最近の相場下落は行き過ぎとの見方が広がった。指 標のセンセックス30種株価指数は前週末比では下落。

インドの民間銀行最大手、ICICI銀行は5.6%上げた。 ダム建設を手掛けるジャイプラカシュ・アソシエーツは2カ月ぶり 大幅高となった。インド中央統計機構がこの日発表した10月の鉱 工業生産は前年同月比10.8%増加と、ブルームバーグ・ニュース が集計したエコノミスト29人の予想中央値(8.5%増)を上回っ た。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は、前日比266.53 ポイント(1.4%)高の19508.89で終了。過去7営業日で最大 の値上がりとなった。前週末比では2.3%下落だった。

ICICI銀(ICICIBC IN)の終値は1117.10ルピーと、 11月1日以来の大幅高。過去4営業日の下げ幅は10%。ジャイプ ラカシュ(JPA IN)は5%高の104.95ルピー。週ベースの下落 率は2.3%に縮小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE