ECBメルシュ氏:市場の不透明感の高さは困りもの-真実見えにくい

欧州中央銀行(ECB)の政 策委員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は10日、 市場における不透明感の高さは「困りものだ」との考えを示した。

メルシュ総裁はルクセンブルクでの記者会見で、危機の「感染 について、プラスにならない発言や提案に市場が注目することによ って引き起こされる不透明感の高さは困りものだと今も思っている」 と語った。そのような状況は「市場が現状の真実に注目することを 妨げる」と続けた。

さらに、金融政策に「過度に依存することはできない」と指摘。 債券プログラムに関する質問に対し、ECBは責務を「認識してい る」とした上で、ユーロ圏諸国の政府にも「共に責任を担ってもら う必要がある」と語った。「金融政策と財政政策の間で一線を画さな ければならない。それを曖昧にすることはできない」とも述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 fujimori@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Jeffrey Black in Frankfurt at +49-69-92041-205 or jblack25@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simone Meier at +41-44-224-4134 or smeier@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE