米デル:ストレージのコンペレント買収目指す-約730億円提示

パソコン(PC)メーカー世界 3位の米デルは、同社の製品群の穴を埋めるため、データストレー ジ(外部記憶装置)サービスを手掛ける米コンペレント・テクノロ ジーズの買収を目指している。同業の米3PARの買収合戦では米 ヒューレット・パッカード(HP)に敗れた。

デルは9日、コンペレント買収に向け交渉を進めていることを 明らかにした。買収提示額は1株当たり現金27.50ドルで、約8億 7600万ドル(約730億円)相当。デルはまだ合意に達していないと して、それ以上の詳細ついてはコメントを控えた。

デルは企業買収を通じてサーバーやストレージなどのデータサ ービス分野を強化し、利益率が特に落ちているPC市場への依存軽 減を進めている。PC業界ではここ数カ月でストレージ会社の買収 案件が3件成立。HPが9月に3PARを買収したほか、11月には IBMがネテッツァを、EMCがアイシロン・システムズを買収す ることでそれぞれ合意した。

コンペレントはストレージ・ネットワーク構築に必要なハード とソフトを開発しており、同社の技術はインターネット経由でソフ トウ エアを利用するサービス「クラウドコンピューティング」の強 化につながる。

デルとコンペレントによれば、合意が成立すれば、デルはコン ペレントの発行済み普通株を現金で全株取得するという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE