国際協力銀行の機能強化、外国企業買収の資金供与も-政府(Update1

政府は10日朝の関係閣僚会合で、 国際協力銀行(JBIC)を日本政策金融公庫から分離するなどの機 能強化策を決定した。同策には外国企業買収資金の供与も含まれ、J BICには外国為替特別会計より当面1.5兆円の外貨資金融資をし、必 要に応じて増額する。

仙谷由人官房長官の閣議後記者会見向けに官邸報道室が配布した 資料によると、菅直人政権が掲げる原子力発電や鉄道、水などインフ ラ輸出への支援策を検討している「パッケージ型インフラ海外展開関 係大臣会合」がJBIC機能の強化方針を決定した。

会合には仙谷氏のほか、玄葉光一郎国家戦略担当相、野田佳彦財 務相らが出席した。仙谷氏は会見で、「関係政府機関の機能強化につい て決定した。来年度予算等で資金基盤を強化し、インフラ海外展開を 強力に支援していく」と語った。

資料はJBIC機能強化策として先進国向け輸出金融、短期つな ぎ資金の供与、外国企業を買収するための資金などの供与、現地通貨 対応強化などを挙げた。また、機動性、専門性、対外交渉力強化の観 点から日本政策金融公庫からJBICを分離する。来年の通常国会へ の関連法案提出を目指し、準備を進めることも明記した。

また、来年度予算関連では、JBICインフラ・投資促進ファシ リティ(仮称)を創設し、インフラ分野を中心に2兆円規模の海外投 融資を行う方針や、外為特会からJBICへの外貨融資について「当 面1.5兆円(必要に応じて増額を検討)」することを盛り込んでいる。

このほか、資料には国際協力機構(JICA)の海外投融資の改 善や、日本貿易保険(NEXI)による貿易保険の強化も盛り込んで いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE