VCKWH株に売り続く、パナソニク離脱し100億円増資報道-需給悪

JVC・ケンウッド・ホールディ ングスの株価が大幅続落。パナソニックの持ち分法適用会社から外れ、 独立色を強めて再建を進めると、読売新聞(電子版)が9日午後2時過 ぎに報道。来年1月にも100億円規模の増資を行うと伝えており、株式 需給の悪化懸念から売りが続いている。

株価は前日比8.2%安の292円まで下げ、11月5日以来の安値を更 新した。前日は取引終了間際に急落し、8日比13%安の318円で終了 していた。

TIWの服部隆生アナリストは、「パナソニックグループから離れ ることは想定されていたので驚きはない」と指摘したうえで、株価は 「増資報道を嫌気して下げている。カーエレクトロニクスの好調で業績 下振れリスクが後退し、直近の株価が上昇していただけに、下げやすい 状況だった」と話した。

また、金融庁は9日、有価証券報告書の虚偽記載の検査結果に基づ き、VCKWHに対して8億4000万円の課徴金納付命令を出したと発 表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE