米AIGの株価が急伸、13%高-FRB融資枠による債務返済に合意

9日のニューヨーク市場で、米保 険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の株価 が約10カ月ぶりの大幅上昇となった。米連邦準備制度理事会(FRB) の融資枠を利用した債務返済で当局と合意に達したことが手掛かり。

AIG株は9日、前日比5.56ドル(13.2%)高の47.78ドルと、 約1年ぶりの高値で取引を終了した。上昇率はS&P500種株価指数 の構成銘柄の中でトップ。同社株価は2008年に97%、09年に4.5% それぞれ下落した後、今年に入ってからは約59%上昇している。

ロバート・ベンモシュ最高経営責任者(CEO)は公的支援から の脱却を目指している。AIGへの支援額はエドワード・リディ前会 長兼CEOの下で昨年、1823億ドル(約15兆2700億円)まで膨らん だ。FRB融資枠の返済では、米国以外の生命保険子会社2社の売却 資金を活用する予定。

ジェフリーズ・グループのアナリスト、ジョナサン・ハッチャー 氏は、AIGの「核となるファンダメンタルズを非常に強く信じてい る」と述べ、「米政府の出口戦略がどう機能するかについて若干の不透 明感があったかもしれないが、今日は昨日よりも多くのことが分かっ たと思う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE