日本株反落、ユーロ安懸念し輸出中心下げ-週末整理売り

東京株式相場は3日ぶりに反落。 前日の海外為替市場で、欧州財政問題への懸念から円がユーロに対し やや円高方向に振れたことで、欧州事業の採算懸念が広がり輸送用機 器、ガラス・土石製品、精密機器など輸出関連株が下げた。ばら積み 船の運賃市況が続落していることを嫌気し、海運株も安い。

日経平均株価の終値は前日比73円93銭(0.7%)安の1万211 円95銭、TOPIXは同3.38ポイント(0.4%)安の888.22。株価 指数先物・オプション12月限の特別清算値(SQ)算出だった影響で、 東証1部の売買高は概算で31億1859万株、売買代金は2兆5479億円 と膨らんだ。騰落銘柄数は値下がり849、値上がり653。

この日の取引開始時は先物・オプションのSQ算出に当たり、み ずほ証券など複数証券の調べによると、日経225型SQは1万420円 74 銭と前日の日経平均終値を134円86銭上回った。SQに絡む売買 は買い越しだったもようで、日経平均、TOPIXとも上昇して始ま ったがその後失速、マイナス圏での推移が続いた。

りそな銀行の戸田浩司チーフ・ファンド・マネジャーによると、 これから年末に向けて海外投資家を中心に休暇モードに入るため、「き ょうのSQ算出は流動性を重視する機関投資家などにとっては、年内 最後とも言える売り時だった」という。そのため、「直近の相場上昇を けん引してきた業種、銘柄を中心に益出しやリバランスの売りが出た」 と話していた。

売買代金は昨年6月来高水準

TOPIXの直近安値だった11月2日から12月9日までの33 業種別指数の騰落状況を見ると、ガラス・土石製品17%高、輸送用機 器16%高、海運14%高などと、きょう下げた業種は総じてTOPIX (11%高)のパフォーマンスを上回っていた。持ち高整理の動きが活 発化した影響で、東証1部売買高は1月14日以来、売買代金は昨年6 月12日以来の高水準(SQ算出日含む)に達した。

格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、アイルランドの信 用格付けを投資適格の下から3番目となる「BBB+」と、従来の「A +」から3段階引き下げた。格下げは2カ月で2回目、見通しは「安 定的」とした。フィッチでは、格下げは銀行システムの再編と支援に 向けた追加の財政負担を反映したもので、同国ソブリン債の性質はも はや、投資適格級の上位の格付けと一致しないと説明している。

これをきっかけに欧州債務問題への警戒が広がり、9日のニュー ヨーク外国為替市場ではユーロが主要通貨の大半に対し下落、対円で は1ユーロ=110円59銭まで円高方向に振れた。東京時間10日も1 ユーロ=110円台後半で推移する時間が長く、欧州事業の先行きが懸 念される格好で精密機器やガラス・土石、電機、自動車といった輸出 関連株に売りが優勢となった。

週末でようやく騰落レシオ意識も

日経平均は9日、11月中旬以降に上値抵抗ポイントと見られてき た6月高値を上抜け、終値で5月14日以来の高値を付けた。東証1部 の値上がり、値下がり銘柄数の割合を示す騰落レシオ(25日移動平均) は9日時点で163%まで上昇、算出可能な1970年6月以降での最高水 準を連日で更新した。一般的には120%以上が過熱気味とされる。

短期過熱感が意識された上、野村証券金融経済研究所の若生寿一 シニアストラテジストによると、週末を迎えいったん利益を確定する 動きや、「来週あたりからクリスマス休暇に入り始める海外勢が、休暇 前にポジションを整理する売り」が出やすかったという。

輸出関連のほか、海運や卸売、非鉄金属、建設、証券株も軟調。 東証業種別33指数で値下がり率トップだった海運株については、ばら 積み船の国際運賃市況のバルチック海運指数が3日続落したことがマ イナスに働き、川崎汽船、商船三井、日本郵船がそろって売られた。

SQ波乱

東洋証券の中川祐治デリバティブ・ディーリング室長によると、 「朝方はSQ算出絡みの需給の影響を強く受け、相場が荒っぽい動き」 になった。同証の見方では、SQに絡む売買は日経平均採用1銘柄当 たり差し引き30万株程度の買い越しで、その影響で日経平均は87円 高で開始、その後は急失速し、一時91円安まで下げ幅を広げた。

中川氏は、取引開始直前にSQ算出に関連した買いが急激に膨ら み、SQ値が予想以上に高くついたため、それに引きずられて日本株 は上昇したと指摘。しかし、「オプション取引のヘッジ買いを先物に入 れていた市場参加者などが、思惑が外れポジションを手じまった影響 もあり、相場は急降下した」という。ただ、午前の取引後半からは徐々 に落ち着きを見せた。

ニコンやVCKWH安い、サッポロH急伸

個別では、ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「売り」に 下げたニコン、2011年1月期の連結純利益予想を従来の30億円から 9億円へ下げた東京ドームが安い。来年1月にも100億円規模の増資 を行うと、読売新聞電子版で前日午後に報じられたJVC・ケンウッ ド・ホールディングスは、需給悪化への懸念が続き下げた。

半面、牧野フライス製作所やマキタなど工作機械株の一角が上昇。 11月の工作機械受注が前年同月比2倍の967億円となったことを受け た。米系投資ファンドのスティール・パートナーズが、グループ全体 での保有株比率を引き下げたことが分かったサッポロホールディング スは急伸。ドイツ証券が投資判断を新規に「買い」とした第一生命保 険も高い。業種別指数では保険、鉄鋼、小売、銀行など10業種が上昇。

国内新興市場は、ジャスダック指数が前日比0.2%安の51.06と 小幅に10営業日ぶり反落、東証マザーズ指数は1%高の401.40と4 営業日ぶりに反発した。楽天、ユビキタスが下げ、ミクシィ、エヌ・ ピー・シーも安い。半面、8-10月期は営業増益だったドクターシー ラボ、11年1月期業績予想を上方修正したミライアル、ナチュラルキ ラー細胞を高純度に作製できる新技術を開発したタカラバイオが高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE