11年度成長率、実質1.4%前後で調整、政府経済見通し-共同通信

政府が2011年度の国内総生産 (GDP)の成長率見通しについて、物価変動を除いた実質で1.4%前 後とする方向で調整に入ったと共同通信が9日報じた。デフレ脱却の重 要な判断材料となる消費者物価指数の上昇率は0%か0%台前半とする 案を軸に検討しているという。情報源は明示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE