FRB:総資産は過去最高の2.39兆ドル、米国債保有増-週間

米連邦準備制度理事会(FRB) のバランスシート(貸借対照表)報告によれば、8日終了週の総資産 は過去最高の2兆3900億ドル(約200兆円)となった。経済成長を 促す取り組みの一環として、米国債の保有を増やしたのが背景。

9日発表のFRB週間統計によると、米国債の保有残高は8日現 在、前週に比べ322億ドル増の9496億ドル。住宅ローン担保証券(M BS)と政府機関債の保有残高は変わらずだった。

FRBは来年6月末までに6000億ドル相当の米国債を購入する 措置の一環として、これまでに1063億ドル相当を買い入れた。これ とは別に、8月に発表したMBSの償還金を米国債に再投資する措置 の一環として、758億ドル相当の米国債を購入した。

FRBは経済成長促進と、インフレ率の行き過ぎた低下阻止のた め、非伝統的な金融緩和策の第2弾を進めている。議会共和党は、イ ンフレ加速やドルの価値下落につながるとして、資産購入措置を批判 している。

総資産のこれまでの最高は、今年5月19日時点で記録した2兆 3500億ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE