ギリシャ:7-9月GDP改定値、前期比1.3%減-下方修正

ギリシャ経済は7-9月(第3四 半期)に前期比でマイナス1.3%成長となった。賃金引き下げや増税 が響き、リセッション(景気後退)が一段と深まった。

ギリシャ国家統計局が9日発表した7-9月期の国内総生産(G DP)改定値は、速報値の前期比1.1%減から下方修正された。前年 同期比の改定値は4.6%減。11月12日公表の速報値は4.5%減だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Maria Petrakis at +30-210-741-9080 or mpetrakis@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE