三菱自:タイに第三工場を建設へ-世界戦略車を生産し各国へ輸出

三菱自動車はタイに新工場(第三 工場)を建設する。新工場は2012年3月に稼働開始の予定で、11年 度内に発売予定の小型乗用車「グローバルスモール」を生産する。年 産能力は初期で約15万台程度、将来は20万台程度への増強が可能。

三菱自は9日、新工場の起工式を実施したと発表した。従業員は 約3000人を新規雇用する。新工場は、タイ現地法人のミツビシ・モー ターズ・タイランド(MMTh)の第一、第二工場の隣接地に建設す る。広報担当の村田裕希氏によると、投資額は約270億円(100億バ ーツ)。

グローバルスモールは小型、低価格、低燃費を基本に、開発を進 めている新型車。需要拡大が見込まれる新興国や、環境意識の高まる 先進国の両市場のニーズに合致する世界戦略車として、タイから世界 各国へ輸出する計画。

MMThの主な生産は「パジェロスポーツ」、「ランサーEX」、 「トライトン」、「スペースワゴン(グランディス)」。1988年から、 タイ生産車の輸出に取り組んでいる。

--取材協力:萩原ゆき、北村真樹子 Editor:Hideki Asai、Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 浅井秀樹 Hideki Asai +813-3201-8380 hasai@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 井上 加恵 Kae Inoue +81-3-3201-8362 kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE