香港株(終了):反発、保険株が高い-格付け見通し引き上げを好感

香港株式相場は反発。保険株が買 われた。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が 米生命保険業界の格付け見通しを引き上げたほか、スイスの銀行UB Sが英プルーデンシャルを買い推奨したことが好感された。

英保険最大手のプルーデンシャル(2378 HK)は香港市場で7.3% 高と急伸。UBSが欧州株の買い推奨リストにプルーデンシャルを加 えたことが買い材料となった。カナダ最大の保険会社、マニュライフ・ ファイナンシャル(945 HK)も5.3%上げた。

総資産で中国最大の建設会社、中国中鉄(390 HK)は受注が増え るとの観測を背景に5.9%高。海洋油田開発で国内最大手の中国海洋 石油(CNOOC、883 HK)は原油高を好感して1.2%値上がりした。 国内最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)も買われ た。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「前 日は中国の利上げが早まるとの観測を市場は嫌気し、きょうの反発は ごくわずかにとどまっている」と述べた上で、「市場参加者が中国の引 き締めやマクロ経済問題に関してより多くの手掛かりを待つ中で、市 場のセンチメントには警戒感が残っている」と語った。

ハンセン指数は前日比79.28ポイント(0.3%)高の23171.80で 終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は4.44ポイント安の12731.42。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE