ハンガリー7-9月GDP、前年比1.7%増に上方修正-消費・輸出増

ハンガリーの7-9月(第3四 半期)経済成長率は、国内消費の伸びと西欧の輸出需要の拡大を要 因に、速報値から上方修正された。同国は過去18年で最悪のリセ ッション(景気後退)に見舞われていた。

ハンガリー中央統計局が9日発表した7-9月期の国内総生 産(GDP)改定値は、前年同期比1.7%増となった。速報値は

1.6%の増加。前期比では0.8%増加した。4-6月(第2四半期) GDPは前年同期比1%増。

同国政府は所得税や法人税の税率引き下げを通じ、2014年ま でに経済成長率を5%超に引き上げる政策を堅持している。小売売 上高は7月に3年半ぶりにプラスに転じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE