「隠れ家クラブ」ハイダウェイズ、世界で別荘100軒に-日本でも建設

高級不動産投資を手掛けるハイダ ウェイズ・クラブは、世界で展開する別荘の数を4年以内に100軒と、 現在の3倍以上に増やす計画だ。高級感のある旅を求めるアジアでの 需要に対応する。

マイケル・バルフォー会長が香港でのインタビューで語った。こ の期間にアジアでは、日本やカンボジア、スリランカ、インドネシア のバリ島に20軒を建設する計画という。「巨大市場」の中国にも進出 する計画だと同会長は述べた。現在は世界に30軒を展開している。

ハイダウェイズは富裕層や経営幹部を対象に、不動産ファンドを 販売する。ファンド出資者は別荘の分割所有者となり、年6週間の利 用権を得る。ファンドは年6.5%程度の投資収益を目指す。3年以内 に会員の30%がアジアの人々になるとバルフォー会長は予想してい る。

同会長は1日のインタビューで、「アジアの不動産投資は急成長し ている」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE