今日の国内市況:日経平均7カ月ぶり高値、債券続落-ドル83円後半

東京株式相場は続伸。日経平均株 価は終値で、11月中旬以降に上値抵抗ポイントとみられてきた6月高 値を上抜けた。前日の海外時間に為替が円安・ドル高方向に動き、相 対的な日本株投資環境の良さが市場参加者の間で認識されたほか、朝 方発表の四半期国内総生産(GDP)の上方修正もプラスに働いた。 銀行や証券など金融株、精密機器など輸出関連株の一角が高い。

日経平均株価の終値は前日比53円55銭(0.5%)高の1万285 円88銭、終値では5月14日以来、およそ7カ月ぶりの高値。TOP IXは同4.21ポイント(0.5%)高の891.60。

8日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で1ドル=84 円30銭台まで上昇、米国の減税延長措置が景気を押し上げるとの観測 を背景に米債利回りが上昇し、ドル建て資産に需要が集まった。東京 時間9日は1ドル=83円台後半まで円が強含んだが、一昨日に82円 台を付けていた状況からは円安方向での動きとなった。

円は対ユーロでも111円台半ば近辺と円安に傾き、収益懸念の後 退で精密機器や輸送用機器や電機、化学といった輸出関連株に買いが 優勢。日経平均のプラス寄与度上位を見るとファナック、TDK、ホ ンダ、京セラ、信越化学工業が並んだ。

また、東証1部業種別33指数の値上がり率上位には証券・商品先 物取引、保険、銀行が並んだ。内閣府が9日朝に発表した今年7-9 月期の実質GDPの2次速報値が前期比年率4.5%増に上方修正され、 国内経済の回復期待が高まったことも支援材料になった。法人企業統 計の動向などから、GDPの上方修正は前もって想定されていたが、 予想以上の修正幅で、市場心理にプラスとの指摘が出ていた。

東証1部の売買高は概算で21億2025万株、売買代金は1兆4184 億円。騰落銘柄数は値上がり808、値下がり686。

債券続落、長期金利は半年ぶり高水準

債券市場では長期金利が一時1.27%と半年ぶりの高い水準に上 昇した。米国で景気不安の後退や財政悪化懸念から金利上昇が続いて いることが引き続き売り材料視された。5年債の入札通過後に買いが 優勢となる場面もあったが、市場の地合いを修復するには至らなかっ た。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の312回債利回り は2ベーシスポイント(bp)高い1.25%で開始。午前10時過ぎに

1.265%まで上振れて、新発10年債として6月4日以来の高水準を付 けた。午後には5年債の入札結果発表後に4.5bp低下の1.185%まで 低下したが、この水準では再び売り圧力が強まる展開となり、午後3 時過ぎには4bp高い1.27%まで上昇。半年ぶり高水準を更新した。

米国で金利上昇が続いていることが売り材料視された。米国では オバマ大統領が国の失業保険の給付延長と引き換えに、ブッシュ前政 権時代のすべての減税措置を2年間延長することに同意すると表明し たため、景気の先行き不透明感が後退する一方で財政赤字拡大を警戒 する見方が広がっている。

その後、米10年債利回りがアジア市場の取引で3.2%台前半に水 準を下げたほか、5年債入札も予想対比で大きく落ち込まなかったた め、これまでの金利急騰の反動もあって買いに転じる場面もあった。

東京先物市場ではきょう12月物の取引最終日を迎えて、中心限月 は期先の2011年3月物に移行した。3月物は前日比15銭安い139円 05銭で始まり、午前は139円20銭を中心に上下20銭程度の値幅で推 移。午後に買いが膨らむと一時は77銭高の139円97銭まで急騰した が、取引終盤には失速して、結局は8銭安の139円12銭で終了した。

この日に実施された5年物の93回債(12月発行)の入札結果に よると、最低落札価格が99円64銭、平均落札価格は99円68銭だっ た。最低価格は市場予想の99円65銭を下回り、最低と平均価格の差 であるテールは前回債の1銭から4銭に拡大。応札倍率は3.93倍から

2.78倍に低下した。

ドル、対円で1週間ぶり高値から反落

東京外国為替市場ではドルが対円で約1週間ぶり高値付近から反 落した。米長期金利の上昇が一服したことや、オーストラリアの雇用 統計が予想を上回り、対豪ドルで米ドル売りが強まったことが背景。

ドルは対円で1ドル=84円台前半から一時、83円66銭まで下落。 前日の海外市場では米金利上昇による日米金利差拡大を背景に今月2 日以来の水準となる84円31銭までドル高が進んでいた。

ドルは対ユーロでも前日の海外市場で約1週間ぶり高値、1ユー ロ=1.3180ドルをつけていたが、この日の東京市場では一時、1.3323 ドルまで下落する場面が見られた。

ユーロ・円相場は小動きながら、ユーロがじり高となり、午後に は1ユーロ=111円62銭と11月29日以来のユーロ高値を更新した。

ブルームバーグ・データによると、ドルはほとんどの主要通貨に 対して前日終値から値を切り下げている。

米10年債利回りは午後3時50分現在、前日比3ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01ポイント)低下の3.24%。オバマ米大統領が 同意した減税措置の延長が景気押し上げにつながるとの思惑を背景に 同利回りは8日に一時、6月4日以来の高水準となる3.33%まで上昇 し、過去2日間の上げ幅は36bpと2日間の上げとしては2008年9 月19日以来の最大となっていた。

オーストラリア統計局が9日発表した雇用統計によると、11月の 雇用者数は前月比5万4600人増加した。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト調査の予想中央値は2万人増だった。失業率は

5.2%と前月の5.4%から低下した。

豪ドルは海外時間に対米ドルで1豪ドル=0.97米ドル半ばまで 下落していたが、この日のアジア市場では雇用統計の上振れを受け、 急反発し、0.98ドル台後半まで値を戻した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE