中台窓口トップ会談では投資保障協定に調印せず-台湾大陸委の頼氏

台湾と中国は、今月開かれる窓口機 関トップ会談で、投資保障協定には調印しない。台湾行政院大陸委員会 の頼幸媛主任委員が9日、台北で議員らに明らかにした。意見の一致を 見ることができないためという。医療協力に関する協定には調印する見 込みとした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE