ノルウェー政府系ファンド:欧州債券市場の回復見込んだ投資が奏功

【記者:Marianne Stigset、Josiane Kremer】

12月9日(ブルームバーグ):ノルウェーの政府系ファンド(S WF)、ノルウェー政府年金基金グローバル(運用資産5100億ドル =約42兆9000億円)は、欧州が債務危機を脱することを見込んだ投 資が、欧州債券市場の「力強い」回復が見込まれる中で奏功しつつあ ると指摘した。

同基金を運用するノルウェー銀行投資運用局のスリングスタッド 局長は8日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「今 年は明確に存在するリスクの相殺が一段と進んでおり、どちらかと言 えば、1年前に比べて安心感が低いというよりは高くなっている」と 言明。「今後は、欧州債券市場は力強くかつ健全に推移すると思う」 と予測した。

昨年、欧州周辺国の債券の保有を減らした同基金は、5月のギリ シャ救済後の回復を見込んで7-9月(第3四半期)にかけてギリシ ャやスペイン、ポルトガル、イタリアの国債保有を再び増やした。9 月末時点で、スペイン債が同基金の債券保有で7番目に大きい。

スリングスタッド局長は「各国政治家は2010年、かなり厳しい 状況への対処でかなりよくやっている」とし、「このため、政治家が 市場安定に必要な措置を引き続き講じると確信している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE