OPEC:生産目標の調整が必要な兆候はない-カタール石油相

カタールのアティーヤ・エネルギ ー・産業相は、原油価格が上昇しているものの、石油輸出国機構(O PEC)が生産目標を調整しなければならない兆候はないとの見解を 示した。OPECは11日にエクアドルの首都キトで総会を開く。

アティーヤ・エネルギー・産業相は8日、メキシコのカンクンで のインタビューで、最近の原油価格の上昇は需給に関連したものでは ないと指摘。欧米の景気回復は不安定で原油在庫は過去最高水準にあ るとの見方を示した。

同相は「これまでのところ特に欧州と北米で需要が大幅に増加し 続けるとは予想していない。在庫は高水準にあり供給過剰になりつつ ある」と語った。

ニューヨークの原油先物相場は7日、1バレル当たり90ドル台 に乗せ、約2年ぶりの高値に達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE