85円を上回るドル高・円安を予想、米政権の減税延長合意で-シティ

オバマ米大統領が減税延長で合意 したことで米国債利回りが上昇する中、ドルは対円で1ドル=85円の 水準を超えて上昇する可能性がある。米シティグループが予想した。

為替ストラテジスト、グレッグ・アンダーソン氏(ニューヨーク 在勤)は顧客向けリポートで、「金利の上昇は成長見通しの改善から必 然的に生じる」とした上で、「ドル・円相場は米国の金利との相関性が 高く、米金利が現在の高めの水準で安定すれば、1ドル=85円を超え るドル高・円安になるのは確実だろう」と指摘した。

ブルームバーグのデータによれば、2年物米国債利回りは8日、 一時0.63%と7月28日以来の高水準を付けた。

ドルはロンドン時間午後4時45分(日本時間9日午前1時45分) 現在、1ドル=84円22銭で取引されている。85円以上のドル高・円 安局面は9月24日以来となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE