シーゲイト:7.5億ドル起債-買収提案の拒否後、借り換えに動く

世界最大のディスク駆動装置メー カー、シーゲイト・テクノロジーは、当初予定を上回る7億5000万ド ル(約630億円)規模の起債を実施した。米投資会社TPGキャピタ ルと同業の米ウエスタン・デジタルからの買収提案を拒否したのに続 き、債務の借り換えに向けて最大3億5000万ドルの融資確保も計画し ている。

ブルームバーグの集計データによると、起債したのは2018年12 月償還の社債で、同様の年限の米国債に対する利回り上乗せ幅は451 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)。米証券取引委員会(SE C)への届け出によれば、シーゲイトは複数の銀行と融資枠の交渉も 進めている。

シーゲイトはTPGが提示した75億ドル強の買収案と、金額がそ れを最大50%上回るウエスタン・デジタルの提案を相次ぎ拒否。11 月29日の発表文で、非公開企業になることが最良の選択肢ではないと 判断したことを明らかにした。

最新の四半期報告書によると、10月1日現在、シーゲイトの債務 残高は21億7000万ドルで、11年10月から20年5月の間に償還を迎 える。今年10-12月(第4四半期)が返済期限の債務は5億6000万 ドルある。8日の米ナスダック市場で、同社株価終値は、前日比9セ ント安の15.07ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE