中国の優酷網:取引初日上昇率は161%-米IPOでは5年ぶり大きさ

8日にニューヨーク市場に上場し た中国最大の動画サイト運営会社、優酷網は、取引初日の上昇率が米 国での新規株式公開(IPO)銘柄としては過去5年間で最大となっ た。中国のオンライン書籍販売最大手、当当網の株価も取引初日のこ の日、2倍近く上昇。中国インターネット関連企業の株式に対する需 要の強さを裏付けた。

2億300万ドル(約170億円)規模のIPOを完了した優酷網の 8日終値は公開価格比161%高の33.44ドル。取引初日の上昇率とし ては、中国の検索サイト最大手、百度(バイドゥ)が2005年8月に4 倍余り値上がりして以来の大きさとなった。2億7200万ドル規模のI POを実施した当当網は初日に87%上昇した。

今週米国でのIPOを予定している中国本土企業は5社で、両社 がその先陣を切った。ブルームバーグのデータによると、今年すでに 行われた4件の中国ネット関連企業のIPOでは、取引初日に株価が 平均で57%上昇している。

550億ドルを運用するハリス・プライベート・バンク(シカゴ) のジャック・アブリン最高投資責任者(CIO)は、「優酷網と当当網 は投資家の想像をかきたてる銘柄だ」と指摘、「これらのIPOは中国 とインターネットという2つの関心事を結びつけるものなので、皆が このテーマに飛び付いた」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE