ECBウェリンク氏:ユーロ圏共同債支持せず-不透明な負担の共有

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバーのウェリンク ・オランダ中央銀行総裁は、ユーロ圏の共同債 を支持しない立場を表明した。同総裁は8日、フランクフルトで記者団 に対し、共同債について、「他の諸国への暗黙の資金移転だ。より良い 借り入れ条件が得られる強力な金融調達力の傘の下に置かれることで、 より良く行動するインセンティブが奪われる」と警告。さらに共同債は 「負担を共有する方法としては極めて不透明な手法だ」と述べ、「他の 国を助けたいのなら非常に透明なやり方で行うべきだ」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE