米セブン-イレブン:フロリダ州でエクソンから不動産買収へ

コンビニエンスストア・チェーン 最大手の米セブン-イレブンは、フロリダ州でエクソンモービルから 183の不動産を取得する。北米での買収加速の一環。

セブン-イレブンでM&A(合併・買収)を担当するショーン・ ダフィー副社長は8日の電話インタビューで、オーランドやパームビ ーチなどでの169店舗や土地5カ所、サービスステーション9カ所に 関する契約を現金で取得することを明らかにした。買収価格は公表し ていない。

同副社長によれば、セブン-イレブンは新たに9つの買収案件を 検討しており、その対象は10未満から最大200の店舗。同社は2007 年以来、約750店舗を増やしており、今回のエクソンからの不動産取 得により、フロリダ州での総店舗数は800近くになるという。セブン -イレブンは日本の流通大手セブン&アイ・ホールディングス(7& i)傘下にある。

ダフィー副社長は、セブン-イレブンの債務や今後の買収先候補 については言及を避けた。一部の中小企業が店舗売却の検討を余儀な くされる背景については、与信の欠如で借り入れや借り換えに向けた 取り組みが妨げられている状況を指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE