米国株:上昇、減税延長への期待やAIG債務返済計画で

米株式相場は上昇。S&P500 種株価指数は2年ぶり高値を付けた。減税措置延長への期待感に加え、 アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が米連邦準備 制度理事会(FRB)の融資枠を利用した債務の返済で合意したこと が材料。

リージョンズ・ファイナンシャルやザイオンズ・バンコープが高 い。国債の利回り上昇で、融資の収益性が高まるとの期待が高まった。 モルガン・スタンレーは、出資する中国国際金融(CICC)の株式 売却が承認されたことが好感され上昇。リンカーン・ナショナルなど 生保株は、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が業界見通し を上方修正したことから買い進まれた。AIG株は、債務返済に関す る発表のため取引が一時中止される前の段階では下落していた。

S&P500種株価指数は前日比0.4%高の1228.28と2年ぶ り高値。ダウ工業株30種平均は13.32ドル(0.1%)上げて

11372.48ドル。米国債市場では、10年債利回りが11ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、3.238%となった。

セキュリティー・グローバル・インベスターズで210億ドル相 当の資産運用に携わるマーク・ブロンゾ氏は「景気のポジティブなモ メンタム(勢い)に異議を唱えるのは難しい」とし、「減税措置の延 長や金融緩和がある。中国の引き締め懸念はあるが、実施は段階的な ものになるとの見方も存在する。これら全てがリスク資産にとってプ ラスの環境を作り出している」と述べた。

銀行株

S&P500種は11月5日に2年ぶり高値を付けて以降、最大

3.9%下落。中国の利上げ観測や欧州ソブリン債危機をめぐる懸念 が背景にある。

銀行株はこの日、S&P500種の主要24業種中で最大の上げ。 銀行株指数は3.4%上昇した。

地銀株も高い。キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ(KB W)のアナリスト、ブライアン・クロック氏は電子メールで、期間が 10年以上の米国債の利回り上昇は、銀行の融資による収益拡大を示 唆していると指摘した。

リージョンズ・ファイナンシャルは5.3%高の6.33ドル。ザ イオンズ・バンコープは5.5%上昇し22.45ドル。

モルガン・スタンレーは3.2%高の26.47ドル。同社は、保有 するCICC株の売却に必要な監督当局の承認を得た。

生保業界、マクドナルド

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が生保業界の見通 しを「ステーブル(安定的)」とし、従来の「ネガティブ」から引き 上げた。株式や社債の発行を受け、各社が来年格下げを回避する可能 性があるためと説明している。

リンカーン・ナショナルは7.5%高の27.24ドル。ハートフ ォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループは3.5%高の25 ドル。メットライフは3.9%上げて42.79ドル。

マクドナルドは2%下げ、78.74ドル。ダウ平均の構成銘柄で下げ が最もきつい。同社の11月の米既存店売上高は前年同月比4.9%増加 となった。市場予想は5%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE