欧州株:3日続伸、2年ぶり高値-投資判断引き上げで保険株に買い

欧州株式相場は3営業日続伸し、 2年ぶり高値を付けた。保険株が上昇したほか、買収観測を背景にス ミス・アンド・ネフューやバーバリー・グループ、フィアットなどが 買われた。

英保険会社プルデンシャルは3.7%上げた。UBSが同銘柄の投 資判断を上方修正したほか、格付け会社スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)が保険業界の格付け見通しを引き上げたことが手掛か りとなった。英医療機器メーカーのスミス・アンド・ネフューと、高 級ブランド品小売りのバーバリー、イタリアの自動車メーカー、フィ アットは大幅高。

一方、英不動産投資会社キャピタル・ショッピング・センター ズ・グループは5.3%下落。サイモン・プロパティー・グループが買 収計画を取り下げる可能性を示唆したことが嫌気された。中国利上げ の観測の高まりを受けて、鉱業株も下げた。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%高の274.98と、 2008年9月以来の高値で引けた。業績改善に加え、米連邦準備制度 理事会(FRB)が景気刺激策として6000億ドル相当の国債買い入 れの方針を示したことを背景に、同指数は年初来では8.3%上げてい る。

シティ・インデックス(ロンドン)の市場ストラテジスト、ジョ シュア・レイモンド氏は、「全般的に投資家はリスク回避よりも前向 きな話題に目を向ける傾向が見られる」と指摘。トレーダーは「いか なる買収・合併の話題にも注目していた」と語った。

8日の西欧市場では、17カ国中10カ国で主要株価指数が上昇。 アイルランドのISEQ全株指数は0.6%高となった。アイルランド 議会が前日に一連の財政決議案を相次いで可決したことがきっかけ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE