「ジム・ビーム」のフォーチュン・ブランズが3分割へ-蒸留酒に注力

バーボンウイスキー「ジム・ビ ーム」やゴルフ用品「タイトリスト」のメーカー、米フォーチュン・ ブランズは、会社を3分割し、蒸留酒事業に注力する計画だ。著名投 資家ウィリアム・アックマン氏が保有株を増やしたことが背景にある。

8日の発表資料によれば、フォーチュンは住宅・セキュリティー 部門を上場会社としてスピンオフ(分離・独立)し、ゴルフ部門も売 却もしくはスピンオフする。ブルース・カーボナリ最高経営責任者 (CEO)は、同社がアックマン氏率いるパーシング・スクエア・キ ャピタル・マネジメントと、「戦略面で多くの共通点」を見いだした と説明した。パーシング・スクエアは今年、フォーチュンの筆頭株主 となった。

アックマン氏は株価押し上げのため、約150年前にたばこ会社 として始まったフォーチュンの解体を目指している。同氏が2カ月前 に保有株を開示する前の段階では、同社株はカーボナリCEOが就任 した2008年1月以降で28%下落していた。

フォーチュンの企業価値は130億ドル(約1兆1000億円)で、 これには債務なども含まれる。ジェフリーズのアナリストのダグ・レ ーン氏は、蒸留酒事業だけで84億ドルの価値になる可能性があると 指摘している。これは、同氏が試算した同業他社の10年のEBIT DA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)に基づく。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE