AIG:11年の株式売り出し希望、米政府は保有分を縮小

公的資金を受け入れた米保険会 社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、早け れば来年に株式の売り出しを目指している。同社の株式を保有する 米政府は持ち分の縮小を進めている。

同社の広報担当マーク・ハー氏は8日の発表文で「来年春にも 市場でAIG株を売却できることを希望しているが、実現には実施 しなければならないことがある」と指摘。「市場の状況にもよるが、 可能な限り早急にこれを実現するため、できるだけ入念に話を進め ている」とした。

米財務省は今年9月、優先株490億ドル相当を普通株に転換し、 売却する計画を発表した。ロイター通信が匿名の関係者の話を引用 して伝えたところによると、AIGと財務省は来年第1四半期に株 式を売却し、100億ドル以上を調達する可能性がある。

また米ウォールストリート・ジャーナル紙の報道によると、米 政府は150億ドル以上の同社株式を手放す方針で、AIGは20億 ドル以上を新株で売り出す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE