EU、ダークプール取引での情報開示強化義務付けを計画-欧州委提案

欧州連合(EU)は、ダークプ ールと呼ばれる私設取引システムで株取引を行う投資家に対し、一 層の情報開示を迫る方針だ。ダークプールでは、価格が事前に表示 されない。

EUの行政執行機関、欧州委員会は、金融安定への脅威を軽減 するため、ダークプールに対し透明性の要件を課すことを提案した。 EUの措置は、金融商品市場指令(MiFID)見直しの一環。

欧州委のバルニエ委員(域内市場・金融サービス担当)は8日 の声明で、「世界は変わった」と指摘。EUには、「市場の透明性お よび効率性の向上」につながる規則が必要だと説明した。

ダークプールは、その透明性の欠如が価格のボラティリティ (変動性)を高めるとの懸念から、EUと米国の双方で規制当局の 調査対象となっている。

バルニエ委員は記者説明で、「ダークプールでの透明性を確保 したい」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE