グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数は2週間ぶりの大幅安と なった。中国が経済指標の公表日の前倒しを発表したことで、当 局が景気抑制策を強化するとの懸念が強まった。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK) は2.7%安。海洋油田開発で国内最大手の中国海洋石油(CNO OC、883 HK)も2.4%下げた。アルミニウム生産で同国最大 の中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は1.7%下落。

国内最大の投資会社の銀行部門、中信銀行(Citic銀行、 998HK)は2.3%値下がり。シティグループが投資家に売りを推 奨したことが響いた。時価総額で世界最大の電話会社、チャイ ナ・モバイル(中国移動、941 HK)も売られた。

信達国際の調査ディレクター、キャスター・パン氏(香港在 勤)は「相場は値固め局面だ」と述べた上で、「上昇すれば抵抗線 に遭うだろう。中国が週内にも追加利上げに踏み切る可能性さえ あるとの観測がある」と語った。

ハンセン指数は前日比335.63ポイント(1.4%)安の

3092.52で終了。先月23日以来の大幅な下げとなった。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は前日比1.4%安の12735.86。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。金融株や資源株を中心に1週間ぶり大 幅安となった。追加利上げや不動産税の導入など、中国当局が資 産バブル抑制策を強化するとの懸念が高まった。

中国工商銀行(601398 CH)は1.4%、中国建設銀行 (601939 CH)は1.2%それぞれ値下がり。借り入れコストの上 昇で融資の伸びが鈍化しかねないとの懸念が広がった。万科企業 (000002 CH)や金地集団(600383 CH)は不動産株の下げを けん引。上海は不動産税が最初に試験導入される都市の一つとな ると中国証券報が報じたことが響いた。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)も売られた。

中原証券のストラテジスト、李俊氏(上海在勤)は「11月の インフレ指標発表を控え、追加利上げもあり得るため、投資家は 週末にかけ極めて慎重になるだろう」と指摘。「不透明感はピーク 寸前で、これが相場を押し下げる恐れがある」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連 動する上海総合指数は前日比27.31ポイント(1%)安の

2848.55で終了。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI 300指数は同0.9%安の3171.88。

【インド株式市況】

インド株式相場は続落。指標のセンセックス30種株価指数 は1週間ぶり安値で引けた。携帯電話事 業ライセンス入札の不 備をめぐり、政府が調査を拡大したことが売り材料となった。

携帯電話サービスでインド2位、リライアンス・コミュニケ ーションズは3.5%安。2008年に実施された無線通信事業ライ センスの入札で落札価格が不当に低かったとの監査当局の指摘を 受け、捜査当局はラジャ前通信・情報技術相の自宅を家宅捜索し た。

金属相場の下落を背景に、国内産銅最大手のスターライト・ インダストリーズも安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は、前日比

238.16ポイント(1.2%)安の19696.48で終了。リライアン ス(RCOM IN)の終値は129.50ルピー。スターライト(STLT IN)は1.7%安の169.40ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比26.9ポイント(0.6%)安の

4699.9。

【韓国株式市況】

韓国株式相場は下落。指標の韓国総合株価指数が前日比

6.80ポイント(0.4%)安の1955.72で終了した。

韓国政府によると、韓国と北朝鮮との境界に近い北朝鮮側の 海域に8日、北朝鮮側からの砲弾が着水した。韓国大統領府の当 局者は電話で、砲弾は境界線を越えなかったとした上で、政府は 事態を調査していると述べた。韓国の聯合ニュースは、北朝鮮は 砲弾を韓国の白翎島に向けて発射したが、これは通常の演習の一 環とみられると伝えた。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.60ポイント安の8703.79。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比10.92ポイント(0.3%)高の3202.80。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前営業日比

8.32ポイント(0.6%)高の1510.06。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比15.64ポイント(1.5%)安の

1025.08。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前営業日比47.65ポイント(1.3%) 高の3769.99。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比23.17ポイント(0.6%)高の

4221.09。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE