インド株(終了):続落、リライアンス安い-携帯電話事業入札捜査で

インド株式相場は続落。指標の センセックス30種株価指数は1週間ぶり安値で引けた。携帯電話 事 業ライセンス入札の不備をめぐり、政府が調査を拡大したことが 売り材料となった。

携帯電話サービスでインド2位、リライアンス・コミュニケー ションズは3.5%安。2008年に実施された無線通信事業ライセン スの入札で落札価格が不当に低かったとの監査当局の指摘を受け、 捜査当局はラジャ前通信・情報技術相の自宅を家宅捜索した。

金属相場の下落を背景に、国内産銅最大手のスターライト・イ ンダストリーズも安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は、前日比238.16 ポイント(1.2%)安の19696.48で終了。リライアンス(RCOM IN) の終値は129.50ルピー。スターライト(STLT IN)は1.7%安の

169.40ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE