みずほ証:香港で「点心債」引き受け強化-外国企業の人民元調達を支援

みずほ証券は、企業などが香港で発 行する人民元建て債券である「点心債」の引き受け業務を強化する方針 だ。今年2月から海外企業による起債も可能になったのを受け、幅広い 投資家の集まる香港市場から中国本土で使う人民元を調達したい日本 企業などを支援していく。

週内にみずほセキュリティーズアジア(香港)に異動し、社債の引 き受け業務などを統括する予定の福士裕氏(47)は、「ターゲットはま ず点心債だ。市場は勃興しており、拡がるようにやっていきたい」と強 調した。また「米ドル債関連のビジネスをグローバルに強化する中、香 港を拠点として確立したい」と述べた。

福士氏は現在、東京のみずほ証券でグローバル投資銀行部門資本市 場グループのデットシンジケーション部長を務めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE