【テクニカル分析】一進一退の中国株、見せかけの上昇シグナルか

上海総合指数は先月3000の大台 を割り込んだ後、反騰の機会をうかがっているが、その試みはつまず きそうだと、チャート・パートナーズ・グループは指摘した。

同社のバンコク在勤マネジングディレクター、トーマス・シュロ ーダー氏は「3000の大台突破に失敗した後、今はトレンドラインの 支持線と200日移動平均線が重なる2790の重要な下値支持線に戻り つつある」と指摘。大台回復に失敗したことは「将来の反発の試みが 期待外れに終わるだけでなく、下げに転じる可能性も高める。主要な 節目を挟んで一進一退の動きは、見せかけの上昇サイクルの前触れに なる傾向がある」と述べた。

世界各国の中銀が追加的な金融緩和に踏み切るとの期待感を追い 風に、上海総合指数は終値ベースで7月5日の年初来安値から11月 8日の高値3159.51まで34%上昇した。ただ10月に中国政府が3 年ぶりの利上げを実施し、11月には銀行の預金準備率を2回引き上 げたことから、同指数はその後9.1%下落し2870.35を付けた。

10月時点で上昇失速の可能性を予想していたシュローダー氏は ブルームバーグ・ニュースの取材に対し、同指数が3200に達するに は3000台を維持する必要があると指摘。3200を超えて推移すれば、 3500の上値抵抗線に向かって上昇する可能性があると予想した。同 氏はまた、11月8日の上海総合指数の7カ月ぶり高値をもたらした ような上昇相場が再び始まるかどうかは、銅相場の動き次第だとも述 べた。

--Allen Wan. Editors: Reinie Booysen, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先 Allen Wan at +86-21-6104-3041 or awan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE