ボリビア大統領:資金調達だけの提携先は求めない-リチウム資源

来日中のボリビアのモラレス大統領 は同国のリチウム資源開発に関して、「単なる資金調達を目的としたパ ートナーでなくボリビアの未来にかけてくれるパートナーを探してい る」と述べ、同国の長期的な経済成長につながるような支援先を求め る考えを示した。

同大統領は8日午後、都内で開いた記者会見で、「保有するリチウ ムをいかに付加価値をつけて産業化するかが重要」とも述べ、同国でリ チウムバッテリーを生産したい方針も示した。また「資源のオーナーを 探しているわけではない」として、開発権益の売却には否定的な見方を 示した。

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に よると、ボリビアはパソコンやハイブリッド自動車向けの電池などに使 用されるリチウムの世界埋蔵量の約47%を保有するとされる。同国のウ ユニ塩湖の開発支援をめぐっては、日本が官民連合で名乗りを上げてい るほか、韓国や中国なども関心を示している。

現在、日本はリチウム輸入量の約9割をチリに依存。調達先の分散 化を図るため同日午前には大畠章宏経産相が同大統領と会談し、ボリビ アからのリチウム資源の安定供給について強い期待を表明した。

--共同取材 東京 坂巻幸子 Editor:Hidekiyo Sakihama, Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki  +81-3-3201-8594 isuzuki@bloomberg.net 東京 菅磨澄 Masumi Suga +81-3-3201-3088 msuga@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

James Poole +65-6212-1551 jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE