マスターカードとビザ・ヨーロッパ:ウィキリークスとの取引停止

世界2位のクレジットカード会社、 米マスターカードとビザ・ヨーロッパは、内部告発サイト「ウィキリ ークス」との取引を停止している。

マスターカードの広報担当者のジェームズ・イソックソン氏は7 日、電子メールで配布した資料で「ウィキリークスをめぐっては現在、 当社カードの取り扱いを停止する作業を進めている」と発表。ビザ・ ヨーロッパの広報担当者のサイモン・クライン氏も電子メールで、ウ ィキリークスとの取引を停止したことを明らかにした。

ウィキリークスについては、米eベイのオンライン決済サービス 「ペイパル」が4日、利用規約への違反を理由に同社の口座へのアク セスを遮断。また、スイス郵政公社の銀行部門、ポストファイナンス も、ウィキリークス創設者のアサンジ容疑者が顧客要件を満たしてな いとして同容疑者の口座を閉鎖した。オンライン小売り世界最大手の 米アマゾン・ドット・コムは、サービス条項違反を理由に、同社への サーバー提供を停止している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE