オバマ米大統領の減税延長合意は金持ちへの屈服-AFL・CIO議長

米労働総同盟産別会議(AFL・ CIO)のリチャード・トラムカ議長は、オバマ米大統領がブッシュ 前政権時代のすべての減税延長で共和党と合意したのは、ウォール街 と金持ち連中への屈服だと表現した。

トラムカ議長は7日に電子メールで配布した発表文で「2年前に は、米国の労働者は深刻で過酷な金融の大失敗からいずれ脱出できる と大きな期待を寄せていた」が、「きょうその展望が曇ってしまった」 と指摘。6日にオバマ大統領が発表した減税延長合意に減税が不要な 富裕層が含められたことで、共和党の議事進行妨害は報われたと述べ た。

オバマ政権に対して景気刺激策第2弾に数千億ドルを投じるよう 呼び掛けてきた同議長はまた、「雇用への投資に必要な貴重な資源を 投げ捨てることになる」と語った。

オバマ大統領は7日、共和党との妥協案は中間層の支援と雇用促 進という最優先課題の達成のために必要だったとの見解を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE