【中国・注目株】万科企業、保利房地産、江西銅業、青島ビール

中国株式市場の主な注目銘柄は 以下の通り。株価と株価指数は7日の終値。上海総合指数は18.68 ポイント(0.7%)高の2875.86。CSI300指数は1.1%高の3200.34。

不動産開発株:上海は不動産税が最初に試験導入される都市の 一つとなる。中国証券報が8日、市住宅局の関係者1人の話として 伝えた。

中国最大の上場不動産開発会社、万科企業(000002 CH)の株価 は2%高の8.66元。同2位の保利房地産集団(600048 CH)は1.4% 高の12.76元。

産銅株:7日のニューヨーク銅先物相場は31カ月ぶりの高値に 上昇。ロンドン銅相場は過去最高値を更新した。ブッシュ減税の延 長が米景気の押し上げを支援し、銅需要が増加するとの見方が広が った。

中国最大の銅生産会社、江西銅業(600362 CH)は2.4%高の36.92 元。同2位の銅陵有色金属集団(000630 CH)は4.1%高の28.08元。

青島ビール(600600 CH):米銀JPモルガン・チェースは、中 国のビール醸造会社、青島ビールの投資判断を従来の「アンダーウ エート」から「ニュートラル」に引き上げた。山東新銀麦ビールの 買収計画を「前向きな動き」と評価した。売買停止前の6日の株価 は1.7%安の34.06元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE