米ユニバーサル:ソニーのワイス氏を採用-アーティスト開拓強化で

音楽会社最大手の米ユニバーサル・ ミュージック・グループは、アーティストの開拓強化のためソニー・ ミュージック幹部のバリー・ワイス氏を採用した。

今回の採用が公表されていないことを理由に事情に詳しい関係者 1人が匿名で語ったところによると、ソニー・ミュージック傘下のR CA/JIVEグループの会長兼最高経営責任者(CEO)を務める ワイス氏は、ニューヨークに拠点を置くユニバーサルの音楽レーベル を統括する。

ワイス氏(51)はブリトニー・スピアーズやバックストリート・ ボーイズ、イン・シンクなどのレコーディングアーティストの育成に 貢献した人物。東京を拠点とするソニーの音楽部門の広報担当、リズ・ ヤング氏は7日の取材に対し、ワイス氏は来年4月30日の契約終了ま で、RCA/JIVEグループを引き続き担当する予定だと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE