カナダ6大銀の賞与、今年はほぼ前年並み-トレーディング収入鈍化で

カナダ6大銀行の今年のボーナ ス支給額は前年比ほぼ変わらず。トレーディングや株式販売、企業合 併の関連業務からの収入減少が影響した。2009年は16%増だった。

今月の決算発表によると、6行がインセンティブ報酬向けに割り 当てた金額は計89億カナダ・ドル(約7340億円)。前年(88億カ ナダ・ドル)比で1.1%の伸びにとどまった。

今年度は6行中5行で資本市場からの利益が縮小した。トレーデ ィング収入は過去最高だった昨年を下回り、株式販売や企業合併の関 連業務収入も鈍化した。ブルームバーグがまとめたデータによれば、 今年のカナダのエクイティファイナンスは263億カナダ・ドルと、約 3分の1減少。完了した同国企業絡みの買収は昨年から20%減った。

国内5位のカナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマー ス(CIBC)の今年のボーナス支給額は前年比11%増の11億カナ ダ・ドルと、6行中最高の引き上げ率となった。最大手ロイヤル・バ ンク・オブ・カナダ(RBC)は33億8000万カナダ・ドルと、国内 銀で最大。前年からは5%減少した。

モントリオール銀行は前年比8.7%増の14億6000万カナダ・ド ル。ノバスコシア銀行は5.1%増の10億9000万カナダ・ドル。トロ ント・ドミニオン銀行とナショナル・バンク・オブ・カナダはそれぞ れ13億4000万カナダ・ドルと5億3500万カナダ・ドルで、いずれ もほぼ変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE