豪アストン:伊藤忠に炭鉱プロジェクトの権益15%を売却

オーストラリアの資源会社アスト ン・リソーシズは8日、豪ニューサウスウェールズ州にあるモール ス・クリーク炭鉱プロジェクトの権益15%を伊藤忠商事に3億4500 万豪ドル(約280億円)で売却することで合意したと発表した。開 発資金の調達が目的という。

アストンの発表文によると、伊藤忠は来年6月14日までの独占 交渉で、同プロジェクトの権益を最大でさらに10%取得する可能性 がある。

伊藤忠はまた、モールス・クリーク炭鉱で生産された石炭の日本 での独占販売権と、同炭鉱で産出した石炭の最大15%を購入する権 利も取得する。

今回の合意は豪州の外国投資審査委員会(FIRB)の承認が必 要になる。

アストンの11月22日の発表によると、同炭鉱の埋蔵量は1億 5100万トン。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE