米財務省:今年の中長期債の発行総額、過去最大に-2.116兆ドル

米財務省の今年の借入額は過去最 大となった。米国債需要がかつてない高まりを見せるなか、7日の3 年物米国債入札の320億ドル(約2兆6700億円)で、今年の中長期債 の発行総額は2兆1160億ドルとなった。

債券ディーラーや投資家の今年の応札額は計6兆3300億ドルと なり、応札倍率は過去最高の2.99倍となった。オバマ大統領が2年間 の減税延長に合意したことや、7日の3年債入札で需要が2月以来の 最低水準となったことを受け、この日の米国債相場は下落した。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後5時(日本時間8日午前7時)現在、10年債利回りは前日比21 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.13%。同年債(表 面利率2.625%、2020年11月償還)価格は1 24/32下げて95 22/32。 ブルームバーグのデータによると、同利回りは一時3.17%と、6月23 日以来の高水準を付けた。2年債利回りは10bp上昇の0.52%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE