アイルランド:60億ユーロの歳出削減・増税案提出-一層の削減不可避

アイルランドのレニハン財務 相は7日、「アイルランドの歴史上最悪の危機」に立ち向かうとし て、2011年度予算案に盛り込まれる60億ユーロの歳出削減・増 税案を議会に提出した。

緊縮措置には子供手当や税控除、一部失業保険手当などの削減 が盛り込まれている。カウエン首相は82議員から支持を取り付け ているが、無所属議員を含む野党80議員は反対に回っている。

レニハン財務相は公務員年金や政府職員の給与削減の発表に際 し、「心理的な痛手となる、憂慮すべき事態だ」と述べた。さらに 「今年第2四半期以降、国家財政と銀行システムを脅かしてきた悪 しき循環を断ち切るために」アイルランドは外部支援が必要だと発 言した。

欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)の主導でアイルラ ンドへ850億ユーロの支援策が決定しているが、確実に支援を取り 付けるためには、アイルランドは予算案を通過させる必要がある。

レニハン財務相は「財政赤字を縮小させるには、今後4年間で 社会福祉支出の一段の削減は避けられない」と述べ、「国民全員が 負担することになる。最も負担を担える層に最大限負担してもらう」 と続けた。

アイルランド政府は先月、財政赤字圧縮を目指す4カ年計画を 発表。EUが上限と定める国内総生産(GDP)の3%まで圧縮さ せる。2011年度予算もこの計画の一部となる。今年のアイルラン ドの財政赤字は対GDP比で12%、銀行救済コストを含めたベース では32%と見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE