ギリシャ首相、2012年にプラス成長に復帰へ-11年は構造改革に注力

ギリシャのパパンドレウ首相は、 同国が2011年に構造改革と公的支出の削減を進めると表明。前途は 厳しいものの、2012年にはプラス成長に復帰するだろうと述べた。

国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事との会談後に アテネで記者団に語った。同首相は、ギリシャの融資返済の延期につ いてはIMFと欧州連合(EU)に認知されていると述べた。2010 年のギリシャの財政赤字を対国内総生産(GDP)比で6ポイント減 らすこともあらためて表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE