香港株(終了):反発、商品相場高で資源株買い-新疆金風科技が急伸

香港株式相場は3営業日ぶりに 上昇。商品相場が前日に上昇し、金価格が過去最高値を更新する中 で資源株が値上がりした。

海洋油田開発で中国最大の中国海洋石油(CNOOC、883 HK) は1.1%高。同国の産金最大手、紫金礦業(2899 HK)は4.1% 上昇した。風力発電用タービンメーカーの新疆金風科技(2208 HK) は7.6%高と急伸。国内で57億元(約710億円)規模の契約を 獲得したことを手掛かりに買われた。

携帯電話機受託生産で最大手の富士康国際(フォックスコン、 2038 HK)は3%上昇。オバマ米大統領がブッシュ前政権時代の 減税措置を2年間延長することに同意すると表明したことが材料 視された。青島ビール(168 HK)も5%上げた。

MFCグローバル・インベストメント・マネジメントで資産運 用に携わるテラス・チャム氏(香港在勤)は「米国での減税延長は 景気回復の支えになるだろう」と述べる一方、「投資家は中国の政 策引き締めを依然として警戒している。これが市場の基調を決める だろう」と語った。

ハンセン指数は前日比190.46ポイント(0.8%)高の

23428.15で終了。一時は0.6%安まで値下がりした。ハンセン 中国企業株(H 株)指数は前日比0.9%高の12922.24。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE