韓国、ドイツ銀香港事務所を調査へ-11月の株価指数急落で

韓国金融監督院(FSS)は、11 月11日の韓国総合株価指数の急落原因の解明に向け、ドイツ銀行の香 港事務所に調査員を派遣する。

FSSのキム・スミ報道官は、ドイツ銀の複数の香港従業員と「話 す」必要があると語った。

FSSは、株式オプションが決済される今月9日の市場を監視す ることに加え、投資家が保有できる株式オプションの持ち高を制限す る可能性があることを7日に明らかにしている。

韓国総合株価指数は、オプション決済日だった11月11日に2.7% 急落。同指数としては5月25日以来の大幅安について韓国取引所は 「プログラム」売りが原因とみており、ドイツ銀経由で出された売り 注文などの調査を監督当局と共に開始した。

ドイツ銀の広報担当マイケル・ウェスト氏(香港在勤)はコメン トを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE