中国:香港で人民元建て債の個人投資家向け売り出し開始-利率上乗せ

中国は7日、香港の個人投資家向 けの2年物人民元建て債30億元(約370億円)の売り出しを開始す る。香港の貯蓄家を引き付けるため、先週実施した機関投資家向けの 期間長めの債券よりも利回りを高めに設定した。

2012年12月償還債の表面利率は1.6%で、機関投資家向けの3 年債の利率よりも60ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)高 い。クレディ・アグリコルCIBとロイヤル・バンク・オブ・スコッ トランド、スタンダードチャータード銀行のアナリストらによると、 人民元の先高観から需要が高まっているため、12年12月償還債の利 回りは今月、少なくとも30bp低下する可能性が高いという。

クレディ・アグリコルの香港在勤シニアエコノミスト、ダリウス・ コワルツィク氏は「預金が増加しており、人民元に先高観が広がって いるだけに、香港市民からの反応は非常に強いだろう」と述べ、「銀行 の店舗前に行列ができる公算は大きい」と語った。

中国は香港で元建て投資商品の選択肢を拡大させたい意向。香港 では元預金が10月に67.8%増加し、過去最高の2170億元に達した。 HSBCホールディングスの香港部門は50万元未満の1年物預金金 利を0.71%とする一方、中国本土支店では2.5%としている。ブル ームバーグの集計データによると、香港で発行された元建て債残高は 約550億元で、香港の元建て預金の約4分の1。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE